バーチャルギャラリー




作品を観る
  EMBRATUR - ブラジル政府観光局

http://www.brasilnetwork.tur.br/





作品を観る
  堀田真由子(ほったまゆこ)

1977神奈川生まれ、ファッション誌や旅行誌、ポートレイト撮影やライブ撮影など多面的に活動中。
2009年12月 OSKLEN 表参道ヒルズ店においてリオデ
ジャネイロ写真展を開催。
http://mayuko.jp
E-mail: hotta@mayuko.jp





作品を観る
  公文健太郎(くもんけんたろう)

1981年兵庫県西宮市生まれ。99年植林活動で始めてネパールを訪れ、自然、民族、宗教が入り交じったネパールの人々の暮らしを撮り続けてきた。今展の「グラフィッチ」は、ネパールのみずみずしさとは打って変わり、サンパウロのストリートアートを題材にしたモノクロームのドキュメンタリー写真です。
http://www.k-kumon.net
E-mail: mail@k-kumon.net






作品を観る
  アレシャンドレ・タカハシ

http://www.alexandretakahashi.com/
E-mail: takahashi.alexandre@gmail.com




作品を観る
  嶋村朋子(しまむらともこ)

東京都出身。
大学の頃より、ブラジル先住民の住居や工芸に興味を抱き、ブラジルに渡る。写真家中村庸夫に従事し、世界の自然と先住民の写真を撮りながら、執筆活動にて造詣を深める。
現在はMINT(株)にて写真で作る新しい形の絵本を企画、制作に取り組んでいる。BOSSA2008in青山・神宮前2008年10月10〜13日、avex本社1階のドトールに写真展示。

E-mail:nowbrasil@hotmail.com






作品を観る
  クリスチアーノ・マスカロ

サンパウロ大学建築都市計画学部を卒業したクリスティアーノ・マスカーロは、その後ブラジルの名門週刊誌「ヴェージャ(Veja)」に就職し、プロの報道写真家の道を歩み始める。同誌では4年間勤め、ブラジル国内外で多くの記事を作成した。
現在、クリスティアーノ・マスカーロはフリー写真家として個人的な企画に取り組んでいる。

E-mail:cmascaro@terra.com.br







作品を観る
  アウミル・ヘイス

サンパウロ出身。近年の作品では大都会での日常生活及び建築物等を特にフォーカスしている。
ニューヨーク、マイアミ、サンフランシスコ、ローマ、パリ、ベニス、ミラノ、サンパウロ、そして特にリオデジャネイロの各都市をレンズに収めている。 リオデジャネイロやドイツで展覧会を開催しました。
2005年9月5日から10日に、銀座の藤屋画廊で、展覧会が行われた。

http://www.reisphotography.com
E-mail:info@reisphotography.com







作品を観る
  大塚 克己(おおつか かつみ)

1953年、新潟県に生まれる。金沢大学文学部。
日本の自然を始め、アラスカ、ニューヨーク近郊の写真等の撮影旅行を行う。その後、ブラジル、パンタナールの自然保護の研究と写真撮影を行う。
パンタナールを愛し保護する会会長、写真家クラブNEWS会長等を務める。

E-mail:pantanalbrjp@yahoo.com.br
使用機材:CANON EOS 1 NHS, ハッセルブラッド、PENTAX 67, その他







作品を観る
  田中 克佳(たなか かつよし)

1965年横浜生まれ。写真家。早稲田大学商学部卒業。
1993年渡米。米国『ナショナル・ジオグラフィック』誌フォト・アシスタント徒事後、独立。
現在、北米、中南米、ヨーロッパなどを取材対象にしたフォト・ドキュメンタリー作品の発表を続ける。ブラジルは2002年以来頻繁に通い、その雄大な自然とそこに生きる人々の姿を撮り続けている。ニューヨーク在住。

E-mail:katsu@katsutanaka.com

▲トップへ戻る